×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

渋谷109

渋谷109って?!



109(イチマルキュー)は、東京急行電鉄の完全子会社である東急モールズデベロップメント(略号 TMD)が展開するファッションビルの名称。


由来は東急の読みを数字にあてたゴロ合わせから。また、午前10時から午後9時までの営業時間である。

概要と沿革

渋谷で展開するセゾングループの渋谷公園通開発に対抗して、東急グループが東急百貨店本店に続く東急本店通に顧客を吸引するために、1979年4月に東京都渋谷区道玄坂二丁目の道玄坂交差点の角地にオープンした、SHIBUYA109が初の店舗であり、今なお売上の多くを占める旗艦店である。 店内のほとんどが10代〜20代の女性向けのテナントで占められている。その購買層からは「マルキュー」の略称で呼ばれている。
その鋭角の立地を活かした円柱形のビルの壁面は、渋谷駅ハチ公口前の交差点から遠く見通すことができるため、化粧品、携帯電話など旬のアーティストや商品の広告が掲げられ、その時々の商業戦略をうかがうことができる。
また、渋谷駅の北側向かいには109-2(-ツー)があり、7階に「ジュニアステーション」と称してより若い10代女性、特にローティーン向けのテナントが営業している。また2006年3月18日に5階フロア2006年9月15日には6階フロアがリニューアルし男性向けのテナントが営業している。こちらは「キューツー」の愛称で呼ばれている

店舗

東京都渋谷区以外で109ブランドで展開する店舗としては、1985年9月に初めて地方出店したKOHRINBO109(香林坊:金沢市)の他、2002年7月開店の109MACHIDA(町田市)がある。
なお、1986年3月、北陸地方の地場不動産会社、大洋不動産がTOYAMA109(富山市)を開店したが、2000年9月にセプラに改称し、契約関係を解消している。また、2001年10月にオープンしたUTSUNOMIYA109(宇都宮市)は売上げの不振が続き、2005年7月で撤退した。
まったく新しい地方出店のあり方として、既存の複合ビルのフロアをSHIBUYA109に入るテナントに転貸する形式をとる、SHIBUYA109 DREAMSがあり、その第1号店が2006年3月25日に静岡市にオープンしている。 地下1階の1フロアのみにて展開していたが、売上が当初目標を2割上回る好調さや、周辺にパルコなど強力なライバル店舗が出店したことによる競争力強化の必要性からTMD社が全面的な運営に乗り出すことを表明。商業施設部分の全フロア(B1F〜5F)を借上げ、SHIZUOKA109(仮称)を2007年秋に開店予定。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』